犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは


犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

愛犬を野山や高原など場所につれて行くと、皮膚にダニが付着したりします。

散歩中に草むらへ入り込んだり、自宅の庭でもダニが着くこともあります。

室内で飼育している場合は室内のダニが付着する可能性もあるのです。

手で無理に取ろうすると、ダニなどの噛みついた口が皮膚に残り、炎症によって腫れてくることがあります。

ですので、無理やりダニを取らないほうがよいのです。

では、殺虫剤を使うのがよいのでしょうか。

まず、殺虫剤には、塩素系殺虫剤や有機リン系殺虫剤が使用されています。

実は、これらの成分は取扱説明書で子供の手に触れないように明記されているものもあるのです。

つまり、絶対に安全だとはいえないのです。

この殺虫剤によってダニの駆除を行った犬と遊ぶことで人間も殺虫剤に触れることになります。

犬が室内に殺虫剤を撒き散らすことになるのです。

このように人体への影響のあるものを、犬は体につけていることになるのです。

また、殺虫剤によって犬の中毒症状が起こることもあります。

犬の殺虫剤中毒には、塩素系殺虫剤中毒と有機リン系殺虫剤中毒があります。

塩素系殺虫剤は、犬に寄生しているダニを殺すための殺虫剤で、使用自体は特に問題がないと言われます。

しかし、口や皮膚から塩素系炭化水素が吸収されて、中毒症状を起こすことがあるのです。

症状は、嘔吐やよだれが出て、全体的に倦怠感が強くなります。

重症になると、痙攣発作が起きます。

有機リン系殺虫剤は、ダニや毛虫などを退治するための殺虫剤です。

有機リン系殺虫剤は、ノミ取り用の首輪に使われていることがあり、これの誤食が原因で中毒を起こすのです。

有機リン系殺虫剤中毒は、塩素系殺虫剤中毒と同様の症状にあわせて、下痢の症状が出ます。

重症になると、痙攣や呼吸困難、昏睡状態に陥ります。

ですので、結論から言うと、犬のダニ退治には殺虫剤は絶対に安全とは言えないのです。

では、ダニ退治に使えるのはないのかと思われるかもしれません。

あきらめてはいけません。

ダニ対策にとにかく売れています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ
家の中のダニの種類と特徴とは
ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは
ダニのアレルギーを布団乾燥機で予防する
子供のアトピー性皮膚炎はハウスダストやダニが原因
子供の喘息(ぜんそく)はハウスダストやダニが原因
リンク集
Copyright (C)犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします