家の中のダニの種類と特徴とは

犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

家の中のダニの種類と特徴とは

犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは>家の中のダニの種類と特徴とは

家の中のダニの種類と特徴とは

ダニは、昆虫ではなくクモやサソリの仲間です。

家の中に生息する種類は、ヒョウヒダニ・コナダニ・ツメダニ・イエダニです。

このうちアレルギーの原因となるのはヒョウヒダニです。

その種類の中で、ほとんどを占めるのが、ヒョウヒダニの仲間のコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニなのです。

ヒョウヒダニはカーペットやソファーなどに生息し、人やペットのフケやアカ、食べ物のかすなどを食べて生きています。

このヒョウダニは気管支喘息やアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などを引き起こします。

ヒョウダニはほぼ1年中見られるダニで、 大発生したときには、このダニの体や死骸、糞がアレルギー性疾患の原因となります。

ただ、このヒョウダニは人を刺したりすることはありません。

ヒョウダニは温度20〜30℃、湿度60〜80%の高温多湿を好みます。

コナダニは畳や食品などに生息し、ワラや貯蔵食品やカビなどを食べて生きています。

高温多湿な梅雨時や秋口に増殖するダニで、繁殖力が強いのが特徴です。

コナダニは、人を刺すことはありません。

しかし、大発生するとコナダニを食べるツメダニが増殖し、そのツメダニによって人間が噛まれるという被害が増えるのです。

コナダニは低温に強いため、繁殖を抑えるには湿度を下げることが大切です。

ツメダニは、カーペットやタタミなどに生息し、他のダニや小さな昆虫などを食べて生きています。

ツメダニは、梅雨時や秋口に増殖するダニです。

ヒョウヒダニ、コナダニやチャタテムシ等を食べるために、餌になるダニが増えることによって、ツメダニの発生が多くなります。

吸血はしないのですが、間違って人間を刺し体液を吸うため、刺咬症の原因となっています。

イエダニは、ネズミや鳥に寄生し、動物や人の血液を吸って生きています。

人間への被害はネズミや鳥から人に移って吸血します。

イエダニは、5〜9月かけて発生します。

宿主となったネズミが死んだときや、ネズミの巣の中でで大量発生した場合に、人に移動して吸血します。

割れ目や暗いところに潜み、吸血は夜間に行います。

ダニ対策にとにかく売れています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ
家の中のダニの種類と特徴とは
ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは
ダニのアレルギーを布団乾燥機で予防する
子供のアトピー性皮膚炎はハウスダストやダニが原因
子供の喘息(ぜんそく)はハウスダストやダニが原因
リンク集
Copyright (C)犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします