ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは

犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは

ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは

犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とは>ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは

ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは

ダニに刺されると、8〜24時間後に0.5〜1センチぐらいの赤い斑点が出てきます。

家のダニに刺されるのは、普通寝ているときです。

しかし、朝起きたときはダニ刺されに気が付きません。

症状が出るまで時間がかかるのがダニ刺されの特徴です。

ダニに刺されやすい場所は、脇腹から腕の内側、お腹から股など身体の柔らかい部分です。

脇腹から腕の内側やお腹から股など、身体の柔らかい部分が刺されていたら、ダニに刺されている可能性があります。

ダニは、肌が露出していない肌の柔らかい部分を刺すのです。

ダニ刺されがやっかいなのは、そのかゆみが激しく、長引くことです。

人によっては、刺された跡が残ることもあります。

ですので、ダニに刺された可能性がある場合は、、早い段階でかゆみを抑える対策をとる必要があります。

その場合には、ステロイド外用薬を塗って、刺された箇所をかかないようにすることが大切です。

小さいお子さんは、かき潰すことがありますから、注意してあげる必要があります。

かき潰すと細菌感染を起こし、とびひになる危険性があります。

刺された場所ををかき潰してしまった場合には、細菌の繁殖を抑えるために、抗生物質が配合されたステロイド外用薬を用いるのがよいです。

Amazonでステロイド薬を探す

ダニ対策にとにかく売れています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ
家の中のダニの種類と特徴とは
ダニ刺されのかゆみを抑える方法とは
ダニのアレルギーを布団乾燥機で予防する
子供のアトピー性皮膚炎はハウスダストやダニが原因
子供の喘息(ぜんそく)はハウスダストやダニが原因
リンク集
Copyright (C)犬のダニ退治に危険性のない殺虫剤とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします