肝臓の負担にならない飲酒量

肝機能を改善する食事やサプリのいろは

肝臓の負担にならない飲酒量

肝機能を改善する食事やサプリのいろは>肝臓の負担にならない飲酒量

肝臓の負担にならない飲酒量

肝臓をいたわりながらお酒を楽しむには、適量を守ることがたいせつですが、「適量」とはどのくらいの量をいうのでしょうか。

肝臓のアルコール処理能力は、資料をもとに割り出して計算すると、一般的には「日本酒1合(180ml)を分解するのに4時間かかる」といわれます。

これから考えると、一晩を8時間とすれば、日本酒なら2合が限度ということになります。

ビールなら大びん2本、ウイスキーならダブルで2杯がだいたいの目安です。

これ以上飲むと、肝臓は一晩ではアルコールを分解処理しきれなくなります。

ただし、適量には個人差があり、その人の肝臓のアルコール処理能力によって違ってくるのです。

では、自分の適量を知るためにはどうすればよいのでしょうか。

目安としては、適量とは「二日酔いにならずに飲める量」と考えられます。

一晩に3合までなら次の日に持ち越さないという人であれば、3合以下がその人の適量です。

また、反対に2合で気分が悪くなる人は、ご自分の適量を超えて飲んだことになります。

そのときの体調によっても飲める量には多少違いがありますが、何度か飲むうちに適量がわかってくるのではないかと思います。

酒に強いか弱いかは、性別などのほか、各人が遺伝的に持っている酵素の遠いにも影響されます。

アルコールは肝臓に運ばれると、ADHという酵素により有害なアセトアルデヒドに分解されたあと、ALDHという酵素により酢酸に分解されます。

このとき、半数の日本人には、アセトアルデヒドが低濃度のときに働くALDHがないため、有害なアセトアルデヒドが速やかに分解できずに体に残ってしまいます。

そのために少量の酒でも赤くなり、悪酔いや二日酔いになる人がいるのです。

<肝臓に良いサプリメント>

レバリズム-L

協和発酵バイオ オルニチン

レバーザイム 980円モニターセット
カテゴリ
肝臓の働きとは
肝臓病の原因と種類
肝臓病の70%がウイルス感染
大量な長期の飲酒の肝障害
肥満で脂肪肝になるNASH
肝炎の予防は生活習慣の改善
肝臓病の自覚症状とは
薬を飲んで肝障害に
肝臓病の10%は健康診断でわかる
血液検査でわかること
尿検査で肝細胞のダメージをみる
画像診断で肝臓を撮影
腹腔鏡と肝生検で最終診断
肝臓に必要なエネルギー量
タンパク質は肝臓に不可欠
脂質は摂り過ぎに注意
塩分は1日10gに抑える
ビタミンやミネラル抗酸化物質が必要
肝臓病の大敵は便秘
肝臓の負担になる食べ物
お酒とたばこは肝臓に毒
食欲がないときは
合併症に対応した食事
みそのがん予防効果
もやしのビタミンとタンパク質で肝機能アップ
しじみの煮汁が肝機能を改善
クコの実のアミノ酸が脂肪肝を予防
アロエで肝炎を治療
二日酔いには鶏スープが即効
玄米と昆布で肝機能を強化
梅干のクエン酸がアルコールの害を解消
黒豆で血流をよくする
すいかのシトルリンが毒素を排出
にんじんの皮で肝機能が高まる
さつまいもで便秘を改善
梅酢で二日酔いを防ぐ
キャベツやしそで肝機能アップ
ごまと納豆で肝臓の活性酸素を撃退
アーティチョークで脂肪代謝を促進
フコイダンで肝機能を改善
発酵ウコンで抗酸化作用
しいたけの菌糸体は肝硬変の予防
ラクトフェリンはC型肝炎を予防する
腸球菌フェカリスで腸内の免疫力を高める
肝臓病は運動してはいけない
肝臓の負担にならない飲酒量
飲み過ぎを予防する方法
高タンパクで高ビタミンのつまみにする
卵料理はアルコールの分解を助ける
枝豆は二日酔いを防ぐ
肝臓のためのお酒の飲み方
二日酔いを解消するには
リンク集
Copyright (C)肝機能を改善する食事やサプリのいろはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします