梅干のクエン酸がアルコールの害を解消

肝機能を改善する食事やサプリのいろは

梅干のクエン酸がアルコールの害を解消

肝機能を改善する食事やサプリのいろは>梅干のクエン酸がアルコールの害を解消

梅干のクエン酸がアルコールの害を解消

梅、松、竹はおめでたい植物の象徴として、古くから慶事に用いられてきて、梅、松、竹には健康増進作用もあります。

松に含まれる成分は血液をきれいに、竹はリンパ液の流れをよくし、梅は「気」を充実させる働きがあるのです。

漢方の世界では、気を充実させるには胃腸の健康が不可欠と考えられています。

そのために、胃腸の機能を活発にする梅の効用が古くから活用されてきました。

そこでよいのが、「梅干し赤ワイン」で、その材料となる梅干しには、クエン酸が豊富です。

クエン酸には、糖の代謝を促進し、疲労や神経痛の原因となる乳酸を分解する働きがあります。

また、胃腸の働きを活発にし、食欲不振や便秘、下痢を解消、さらに肝機能を向上させてアルコールの害を解消するので、二日酔いや悪酔い予防も期待できます。

梅干しは、カルシウムも豊富に含んでいます。

カルシウムは梅干しからとると体内に吸収されやすく、イライラや骨粗髭症などにすぐれた効果を発揮します。

また、梅干しに含まれるカリウムは余分なナトリウムを体外に排出するので、梅干しは高血圧症の人も血圧上昇を気にせず、安心して食べられます。

血圧が高くなることはありません。

1日3個くらいまでなら問題はありません。

赤ワインの渋みや赤い色素成分などのポリフェノールなどには、強力な抗酸化作用があり、がんの予防になることが報告されています。

「梅干し赤ワイン」は両者のメリットを同時にとり入れられるうえ、毎年6〜7月に作りおきをしておかなければならない梅酒と違い、1年中作れるというメリットもあります。

梅を漬ける際、梅干しの種の半分は、中にある仁をとり出しいっしょに漬けると、より高い薬効が得られます。

<梅干赤ワインの作り方>

梅干し20〜30個 赤ワイン1本(750ml)

@水を張ったボウルに梅干しを入れ、1日に2回水をかえて、1〜2日塩抜きをする。

A梅干しの半量はそのまま密閉容器に入れ、残りの半量は、手で種をとり除いてから容器に入れる。

Bとり除いた種はすりこ未などで割り、中の仁をとり出す。

仁は、薄い茶色の皮をていねいにむいてから容器に入れる。

C梅干し、梅肉、仁が入った密閉容器に赤ワインを注ぐ。

D密閉容器はしっかりとふたをして冷暗所に保存し、1週間ほど漬け込めば出来上がり。

<肝臓に良いサプリメント>

レバリズム-L

協和発酵バイオ オルニチン

レバーザイム 980円モニターセット
カテゴリ
肝臓の働きとは
肝臓病の原因と種類
肝臓病の70%がウイルス感染
大量な長期の飲酒の肝障害
肥満で脂肪肝になるNASH
肝炎の予防は生活習慣の改善
肝臓病の自覚症状とは
薬を飲んで肝障害に
肝臓病の10%は健康診断でわかる
血液検査でわかること
尿検査で肝細胞のダメージをみる
画像診断で肝臓を撮影
腹腔鏡と肝生検で最終診断
肝臓に必要なエネルギー量
タンパク質は肝臓に不可欠
脂質は摂り過ぎに注意
塩分は1日10gに抑える
ビタミンやミネラル抗酸化物質が必要
肝臓病の大敵は便秘
肝臓の負担になる食べ物
お酒とたばこは肝臓に毒
食欲がないときは
合併症に対応した食事
みそのがん予防効果
もやしのビタミンとタンパク質で肝機能アップ
しじみの煮汁が肝機能を改善
クコの実のアミノ酸が脂肪肝を予防
アロエで肝炎を治療
二日酔いには鶏スープが即効
玄米と昆布で肝機能を強化
梅干のクエン酸がアルコールの害を解消
黒豆で血流をよくする
すいかのシトルリンが毒素を排出
にんじんの皮で肝機能が高まる
さつまいもで便秘を改善
梅酢で二日酔いを防ぐ
キャベツやしそで肝機能アップ
ごまと納豆で肝臓の活性酸素を撃退
アーティチョークで脂肪代謝を促進
フコイダンで肝機能を改善
発酵ウコンで抗酸化作用
しいたけの菌糸体は肝硬変の予防
ラクトフェリンはC型肝炎を予防する
腸球菌フェカリスで腸内の免疫力を高める
肝臓病は運動してはいけない
肝臓の負担にならない飲酒量
飲み過ぎを予防する方法
高タンパクで高ビタミンのつまみにする
卵料理はアルコールの分解を助ける
枝豆は二日酔いを防ぐ
肝臓のためのお酒の飲み方
二日酔いを解消するには
リンク集
Copyright (C)肝機能を改善する食事やサプリのいろはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします