尿検査で肝細胞のダメージをみる

肝機能を改善する食事やサプリのいろは

尿検査で肝細胞のダメージをみる

肝機能を改善する食事やサプリのいろは>尿検査で肝細胞のダメージをみる

尿検査で肝細胞のダメージをみる

・尿ビリルビン

肝細胞の障害や胆道にうっ滞が起きて、直接ビリルビンが胆汁に排出されにくくなると、腎臓から尿中に多量に排出されるようになります。

このとき尿の中に試験紙を浸し、試験紙の色が変わればビリルビンが排出されている証拠(陽性(+))となり、肝細胞障害や胆道の閉塞の危険性を示唆します。

尿ビリルビンは急性肝炎の初期には、黄疸があらわれなくても陽性になります。

そして、回復期に入ってビリルビンの量が減ると、黄疸が残っていても陰性反応を示します。

また、回復期に入ってビリルビンの量が減ってくると、黄疸が残っていても陰性反応を示します。

・尿ウロビリノーゲン

ウロビリノーゲンは、直接ビリルビンが胆汁とともに十二指腸に排出され、腸内細菌によって分解されてできる物質です。

本来、ウロビリノーゲンのほとんどは便にまざって体外に排泄されますが、一部は腸管から再吸収され、肝臓で再びどリルビンに合成されます。

ですから、肝機能が正常な人の場合は、尿の中のウロビリノーゲンの量は少ないので、試験紙はピンク色で弱陽性を示します。

しかし、肝細胞が障害を受けてビリルビンヘの再合成が低下すると、尿中に排出されるウロビリノーゲンの量が増加します。

このとき尿を検査すると、陽性になります。

とはいえ、運動後や食後、疲労や便秘で陽性反応が出ることもあります。

このため、この検査だけで 「肝臓病」と診断されることはなく、他の検査とあわせて判断する材料にされています。

・尿タンパク

C型やB型の肝炎ウイルスが、腎臓に膜性糸球体腎炎などを引き起こすと、陽性になります。

<肝臓に良いサプリメント>

レバリズム-L

協和発酵バイオ オルニチン

レバーザイム 980円モニターセット
カテゴリ
肝臓の働きとは
肝臓病の原因と種類
肝臓病の70%がウイルス感染
大量な長期の飲酒の肝障害
肥満で脂肪肝になるNASH
肝炎の予防は生活習慣の改善
肝臓病の自覚症状とは
薬を飲んで肝障害に
肝臓病の10%は健康診断でわかる
血液検査でわかること
尿検査で肝細胞のダメージをみる
画像診断で肝臓を撮影
腹腔鏡と肝生検で最終診断
肝臓に必要なエネルギー量
タンパク質は肝臓に不可欠
脂質は摂り過ぎに注意
塩分は1日10gに抑える
ビタミンやミネラル抗酸化物質が必要
肝臓病の大敵は便秘
肝臓の負担になる食べ物
お酒とたばこは肝臓に毒
食欲がないときは
合併症に対応した食事
みそのがん予防効果
もやしのビタミンとタンパク質で肝機能アップ
しじみの煮汁が肝機能を改善
クコの実のアミノ酸が脂肪肝を予防
アロエで肝炎を治療
二日酔いには鶏スープが即効
玄米と昆布で肝機能を強化
梅干のクエン酸がアルコールの害を解消
黒豆で血流をよくする
すいかのシトルリンが毒素を排出
にんじんの皮で肝機能が高まる
さつまいもで便秘を改善
梅酢で二日酔いを防ぐ
キャベツやしそで肝機能アップ
ごまと納豆で肝臓の活性酸素を撃退
アーティチョークで脂肪代謝を促進
フコイダンで肝機能を改善
発酵ウコンで抗酸化作用
しいたけの菌糸体は肝硬変の予防
ラクトフェリンはC型肝炎を予防する
腸球菌フェカリスで腸内の免疫力を高める
肝臓病は運動してはいけない
肝臓の負担にならない飲酒量
飲み過ぎを予防する方法
高タンパクで高ビタミンのつまみにする
卵料理はアルコールの分解を助ける
枝豆は二日酔いを防ぐ
肝臓のためのお酒の飲み方
二日酔いを解消するには
リンク集
Copyright (C)肝機能を改善する食事やサプリのいろはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします