肝臓の働きとは

肝機能を改善する食事やサプリのいろは

肝臓の働きとは

肝機能を改善する食事やサプリのいろは>肝臓の働きとは

肝臓の働きとは

肝臓は重さが約1.2sある、人体で最も大きな臓器で、栄養の代謝や数百種類の有害物質の解毒などを休みなく行っている人体の化学工場です。

肝臓は毛細血管のかたまりで、肝動脈と門脈から血液が流れ込み、肝臓からは肝静脈へ血液が流れ出し、一方で胆汁がつくられています。

肝臓で処理される血液の量は、毎分約1.5リットルで1日に約2160リットルで、ワインボトルに換算すると実に2880本にもなります。

この血液量からも、肝臓の代謝と解毒の働きが、生命活動を支えていることがわかります。

その働きは、次の3つに分けられます。

食べ物から得た3大栄養素、タンパク質、糖質(炭水化物)、脂質を化学反応によって体に必要な物質に分解・合成・貯蔵する、代謝機能を担っています。

3大栄養素をはじめ、ビタミンやミネラルなどのさまぎまな栄養素を体内にとり入れており、これらの栄養素はそのままの形ではエネルギーになったり、筋肉などの組織になったりすることはできません。

体内で人間の体に適した物質に分解・合成・貯蔵され、体の要求に応じて血液中に送り出されてはじめて、生命を維持する栄養素になるのです。

こういったあらゆる物質の代謝の中心になっているのが、肝臓です。

肝臓は、体内にできたアンモニアなどの老廃物や、体外から入ってきた有害物質、薬の成分などを分解し、排出しています。

病院で薬をもらうと、ほとんどの薬は1日に3回飲むように指示されます。

一定の時間がたつと、薬が体内から消えて効力がなくなるためです。

これは、薬やアルコールが、有害物質として肝臓の解毒作用により体外に排泄されているからです。

体内で吸収されたアルコールの約5%は、呼気や尿中に排出されますが、残りの90%以上のアルコールは肝細胞で解毒されます。

脂肪の消化に不可欠な胆汁を、胆管から十二指腸に分泌するのも肝臓のたいせつな機能です。

脂肪の消化に不可欠な胆汁酸は、肉などの食べすぎで処理する脂肪がふえすぎると、結果的に発がん物質になる2次胆汁酸までふやし、大腸がん増加の原因をつくることがあり、これは、体は、バランスがくずれると本来持っている働きが裏目に出て、みずからを傷つけるように働いてしまうことがある、その一例です。

肝臓の働きはこれだけではありません。

ほかにも、

・古くなった赤血球、不要になったホルモンを分解する。

・赤血球に必要な鉄分を貯蔵し、血液をつくるのに利用する。

・ビタミン類を貯蔵したり、活性化したりする。

・肝臓にある免疫細胞が、免疫成分を出して血液中の細菌を排除する。

これら200以上の働きがあるといわれています。

肝臓がダウンすると、有害物質が排除されずに脳などに回り、生命は危険な状態に陥ります。

肝臓はその危険をあらかじめ回避するため予備の細胞をたくさん持っており、そのため、大きいのです。

肝臓は、みずからの再生能力にも目をみはるものがあります。

手術などで75〜80%を切除されても約4カ月後には元の大きさに戻り、機能も回復するほどです。

肝臓病になって肝細胞が次々に壊れても、なかなか自覚症状があらわれずに代謝と解毒の働きを行っていけるのは、このすぐれた予備能力と再生能力があるためです。

このようながまん強さから肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれているのです。

それだけに、自覚症状があらわれたときには肝臓病はかなり進行していることになります。

これは、眼球や皮膚が黄色く染まる「黄痘」という自覚症状によって肝臓病に気づく人は全体の約30%で、70%の人は健康診断などで偶然に肝臓病を発見される、というデータからもうかがえます。

代謝には多量のどタミンが必要なことから、肝臓は、ビタミンを一時的に蓄える貯蔵庫でもあります。

鶏などのレバーにビタミンが豊富なのはそのためです。

肝臓の解毒作用が低下し、分解されないアンモニアなどの有害物質が脳に回ると、昏睡などの意識障害を起こす「肝性脳症」の症状があらわれることがあります。

処理する脂肪がふえると、悪玉腸内細菌によって、胆汁の中にがんを発生させる2次胆汁酸がふえて、大腸がん増力ロの原因になるといわれています。

<肝臓に良いサプリメント>

レバリズム-L

協和発酵バイオ オルニチン

レバーザイム 980円モニターセット
カテゴリ
肝臓の働きとは
肝臓病の原因と種類
肝臓病の70%がウイルス感染
大量な長期の飲酒の肝障害
肥満で脂肪肝になるNASH
肝炎の予防は生活習慣の改善
肝臓病の自覚症状とは
薬を飲んで肝障害に
肝臓病の10%は健康診断でわかる
血液検査でわかること
尿検査で肝細胞のダメージをみる
画像診断で肝臓を撮影
腹腔鏡と肝生検で最終診断
肝臓に必要なエネルギー量
タンパク質は肝臓に不可欠
脂質は摂り過ぎに注意
塩分は1日10gに抑える
ビタミンやミネラル抗酸化物質が必要
肝臓病の大敵は便秘
肝臓の負担になる食べ物
お酒とたばこは肝臓に毒
食欲がないときは
合併症に対応した食事
みそのがん予防効果
もやしのビタミンとタンパク質で肝機能アップ
しじみの煮汁が肝機能を改善
クコの実のアミノ酸が脂肪肝を予防
アロエで肝炎を治療
二日酔いには鶏スープが即効
玄米と昆布で肝機能を強化
梅干のクエン酸がアルコールの害を解消
黒豆で血流をよくする
すいかのシトルリンが毒素を排出
にんじんの皮で肝機能が高まる
さつまいもで便秘を改善
梅酢で二日酔いを防ぐ
キャベツやしそで肝機能アップ
ごまと納豆で肝臓の活性酸素を撃退
アーティチョークで脂肪代謝を促進
フコイダンで肝機能を改善
発酵ウコンで抗酸化作用
しいたけの菌糸体は肝硬変の予防
ラクトフェリンはC型肝炎を予防する
腸球菌フェカリスで腸内の免疫力を高める
肝臓病は運動してはいけない
肝臓の負担にならない飲酒量
飲み過ぎを予防する方法
高タンパクで高ビタミンのつまみにする
卵料理はアルコールの分解を助ける
枝豆は二日酔いを防ぐ
肝臓のためのお酒の飲み方
二日酔いを解消するには
リンク集
Copyright (C)肝機能を改善する食事やサプリのいろはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします