肝臓病の10%は健康診断でわかる

肝機能を改善する食事やサプリのいろは

肝臓病の10%は健康診断でわかる

肝機能を改善する食事やサプリのいろは>肝臓病の10%は健康診断でわかる

肝臓病の10%は健康診断でわかる

再生能力にすぐれている肝臓は、病気になって肝細胞が少々壊れてもなかなかギブアップしません。

そのために肝臓病に気づかず、自覚症状があらわれて病院に駆けつけたときには、肝臓病が進行しているケースがよくあります。

このようなことを避けるためには、定期的に健康診断を受け、肝臓の機能の異常を早期に発見することが必要不可欠です。

わが国では、集団検診制度が充実しており、会社員の人は、職場で定期健診が行われます。

定期健診の制度がない会社にお勤めの人、会社勤めをしていない人も、特定健診(40歳以上75歳未満の健康保険に加入している人に対して行われる)、健康増進法による健診、長寿(後期高齢者)健診、人間ドックを利用する方法もあります。

年に一度は、肝臓の状態をチェックすることが大切です。

健康診断の検査項目にはGOT、GPT、γ−GTPなど、肝臓の機能の異常を発見する検査が必ずあります。

これらの検査で肝臓の機能障害が疑われる結果が出ると、さらに検査するために医療機関から精密検査の通知が送られてきます。

精密検査が必要という通知を受けとっても、忙しさにかまけて検査を受けない人もいるようですが、これは絶対に避けるようにします。

あらゆる病気の治療は、早期発見、早期治療に尽きるからです。

血液検査で肝臓の異常が見つかる人は、受診者の約10%に上ります。

そのうち、アルコール性肝障害が約60%、脂肪肝が約30%、慢性肝炎が約10%となっています。

検査で異常が見つかったすべての人が、肝臓病というわけではありません。

たとえ肝臓病が疑われる検査結果が出ても、原因となっている危険因子を早急にとり除けば、肝臓の健康はとり戻せる可能性があります。

慢性肝炎と言われても、治療を早く始めるほど、改善する確率は高まります。

<肝臓に良いサプリメント>

レバリズム-L

協和発酵バイオ オルニチン

レバーザイム 980円モニターセット
カテゴリ
肝臓の働きとは
肝臓病の原因と種類
肝臓病の70%がウイルス感染
大量な長期の飲酒の肝障害
肥満で脂肪肝になるNASH
肝炎の予防は生活習慣の改善
肝臓病の自覚症状とは
薬を飲んで肝障害に
肝臓病の10%は健康診断でわかる
血液検査でわかること
尿検査で肝細胞のダメージをみる
画像診断で肝臓を撮影
腹腔鏡と肝生検で最終診断
肝臓に必要なエネルギー量
タンパク質は肝臓に不可欠
脂質は摂り過ぎに注意
塩分は1日10gに抑える
ビタミンやミネラル抗酸化物質が必要
肝臓病の大敵は便秘
肝臓の負担になる食べ物
お酒とたばこは肝臓に毒
食欲がないときは
合併症に対応した食事
みそのがん予防効果
もやしのビタミンとタンパク質で肝機能アップ
しじみの煮汁が肝機能を改善
クコの実のアミノ酸が脂肪肝を予防
アロエで肝炎を治療
二日酔いには鶏スープが即効
玄米と昆布で肝機能を強化
梅干のクエン酸がアルコールの害を解消
黒豆で血流をよくする
すいかのシトルリンが毒素を排出
にんじんの皮で肝機能が高まる
さつまいもで便秘を改善
梅酢で二日酔いを防ぐ
キャベツやしそで肝機能アップ
ごまと納豆で肝臓の活性酸素を撃退
アーティチョークで脂肪代謝を促進
フコイダンで肝機能を改善
発酵ウコンで抗酸化作用
しいたけの菌糸体は肝硬変の予防
ラクトフェリンはC型肝炎を予防する
腸球菌フェカリスで腸内の免疫力を高める
肝臓病は運動してはいけない
肝臓の負担にならない飲酒量
飲み過ぎを予防する方法
高タンパクで高ビタミンのつまみにする
卵料理はアルコールの分解を助ける
枝豆は二日酔いを防ぐ
肝臓のためのお酒の飲み方
二日酔いを解消するには
リンク集
Copyright (C)肝機能を改善する食事やサプリのいろはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします