婚約破棄と慰謝料




男と女の慰謝料の



婚約破棄と慰謝料

スポンサードリンク
男と女の慰謝料のいろは夫婦・親子の法律知識>婚約破棄と慰謝料

最初にこちらのページにこられた方はトップページからどうぞ。

婚約破棄と慰謝料

男女が結婚の約束をすることを婚約といい、これは法律的には「婚姻の予約」として取り扱われます。

婚約は、当事者の合意だけで成立する法律行為であって、書面を作ったり、届出や登録をしたりする必要もありません。

当事者間の意思表示、口約束だけで有効に成立する法律行為です。

慣習として、結納を交換したり披露宴を催したりしますが、これらは付随したもので婚約の成立の要因ではありません。

当事者が将来結婚しようと約束すれば。それだけで婚約が成立します。

このような性質の法律行為である婚約が、当事者の一方の一方的意思によって破棄された場合、当事者の他方が精神的苦痛を受けることになります。



被害者は、原則として、相手方に対して慰謝料を支払えと要求することができます。

婚約のために負担した支出、例えば、結納を交わしたときはその返還を請求することができますし、婚約披露宴の費用を負担したときも、その損害賠償請求をすることができます

しかし、婚約破棄の責任が相手方にあれば、いつでも慰謝料請求ができるというものではありません。

婚約それ自体が法律的、道徳的に是認されるものがどうかによって、慰謝料請求権が認められないこともあり、慰謝料の額が減らされることにもなります。

また、婚約が意思表示だけで成立するといっても、やはり婚約していたとする証拠がなければ、水掛け論になってしまいます。

現に結婚している男又は女が、離婚することを条件として結婚の約束をすることは、法律行為としては無効ですから、婚約が成立したとはいえません

ですので、相手方が現在の配偶者と離婚せず、結婚の約束を果たさなかったり、約束を一方的に破棄したりしたために精神的苦痛を受けたとしても、相手方に慰謝料を支払えと請求することはできません

それどころか、相手方の配偶者から逆の慰謝料を請求される可能性もあります。

慰謝料などの無料法律相談はこちらから

Amazonで慰謝料について調べる
カテゴリ
サイト内検索
結婚の法律行為性
結婚できる年齢
結婚の重婚禁止
女の再婚禁止期間
結婚の近親婚の禁止
結婚の届出
外国滞在又は外国人との結婚
婚約の要件
内縁関係の要件
結婚の無効と取消
夫婦の同居の義務
夫婦同氏の原則
夫婦の契約取消権
夫婦の財産関係
夫婦財産契約
配偶者の失踪宣告
配偶者の失踪宣告の効力
配偶者の死亡
協議離婚の要件
離婚の無効と取消
離婚の届出
仮装の離婚
本人の知らない離婚届
離婚の取消
離婚の親権者
離婚の子の監護者
裁判上の離婚原因
離婚の配偶者の不貞行為
離婚の悪意の遺棄
離婚の配偶者の生死不明
離婚の強度の精神病
離婚の結婚を継続し難い重大な事由
離婚訴訟を起こす場合
調停離婚の手続
離婚訴訟の手続
離婚調停の申立
離婚調停の開始
離婚調停の成立
財産分与の請求
財産分与の対象
財産分与の方法
財産分与と慰謝料
財産分与と養育費
財産分与の額の変更
内縁夫婦の財産分与
慰謝料とは
慰謝料の精神的苦痛
婚約破棄と慰謝料
内縁の解消と慰謝料
慰謝料の金額
親子関係の発生
嫡出子の推定
内縁夫婦の実子
夫の死後に生まれた子
父を定める訴え
父を定める訴えの必要性
嫡出性否認の訴え
嫡出否認の訴えの当事者と否認原因
嫡出性の否認権の喪失
非嫡出子とは
子の認知とは
任意認知と強制認知
子の認知の効果
任意認知の方式
子の認知の無効
子の認知の取消
子を認知させる訴え
子を認知させる訴えの判決
準正による嫡出子
嫡出子の氏
非嫡出子の氏
養子縁組とは
養子縁組ができる条件
養子縁組の効果
養子縁組の養親との関係
養子縁組の養親と実方の親族
養子縁組の無効
夫婦養子の要件
養子縁組の夫婦養子の要件違反
養子縁組の協議上の離縁
養子縁組の裁判上の離縁
養子縁組の裁判上の離縁原因
養子縁組の離縁と氏
養子縁組の離縁の慰謝料
親権者とは
離婚による親権者変更
親権の子の居所指定権
親権の懲戒権と職業許可権
親権者の財産管理権
親権者の代理権
親権の父母の一方の代理行為
親権者と子の利益相反行為
親権者の財産管理債権の消滅時効
親権の消滅
親権喪失の宣告
親権の管理権の喪失宣告
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします。
Copyright (C)男と女の慰謝料のいろはAll Rights Reserved